Update : Moonstake to Support Staking of Everscale (EVER) in 2022

Moonstake to Support Staking of Everscale (EVER) in 2022

2021-12-28

Moonstake announced today it will implement staking support for EVER, the native coin of the Everscale blockchain, which was rebranded from FreeTON earlier this month, in early 2022. With this update, Moonstake Wallet users can now send, receive, and own EVER on both the web and mobile versions. Moonstake is the world’s first multi-asset wallet for EVER, as EVER has only been supported by dedicated EVER wallets until now.

Moonstake launched its staking business in 2020 with the aim to create the largest staking network in Asia. Since then, it has developed the most user-friendly Web Wallet and Mobile Wallet (iOS / Android) with support for over 2,000 cryptocurrencies. Currently, Moonstake supports 14 high-demand staking coins: Cosmos, IRIS, Ontology, Harmony, Tezos, Cardano, Qtum, Polkadot, Quras, Centrality, Orbs, IOST, TRON, and Shiden. After a full-scale operation launched in August 2020, Moonstake’s total staking assets have grown rapidly to reach $1.8 Billion and by June 2021, Moonstake was the third best staking provider in the world out of 15,000 staking providers worldwide. In March 2021, the company entered DeFi with Muse.Finance, a DeFi platform, and will continue to expand into the DeFi business.

Meanwhile, Everscale Network is a blockchain made up of DAOs called sub-governance. Everscale is an SDK with Solidity and C ++ compilers, APIs, 13 programming languages, and client libraries for all popular platforms, local nodes for DApp testing, CLI tools, DeFi, NFT, tokenization, and governance. It has powerful developer tools such as a decentralized browser and a range of wallets that empower many applications. Everscale is a new and unique blockchain design that combines a scalable distributed world computer with the distributed operating system Ever OS.

Previously, Everscale, known as Free TON at the time, hosted a social media sharing campaign to engage their community in staking support on Moonstake. This campaign helped Free TON gain nearly 7,000 engagements and over 1,200 shares. Since then, Moonstake has been working with Everscale to support sending and receiving EVER, and has now also decided to implement staking support.

With Everscale’s large global community, Moonstake plans to offer new user experiences and exciting opportunities through a variety of events in 2022.

About Moonstake

Moonstake was recently established to develop a staking pool protocol to satisfy increasing demands in regional and global blockchain markets. Moonstake develops a staking pool protocol and provides business services through partners and companies.

Moonstake aims to be the largest staking pool network in Asia by providing an active environment for crypto asset holders. Establishing a clear partnership roadmap with Moonstake represents another significant milestone for continuing to strengthen ties with leading platforms across Asia’s burgeoning Distributed Ledger Technology (DLT) ecosystem. Partnerships have been announced with Emurgo, Ontology and NEO to boost staking adoption, Binarystar, Japan’s biggest blockchain hub, OIO Holdings Limited (SGX: OIO), a Singapore-listed company. Industry’s reputed advisors, such as Lisk and Lawrence Lim of RAMP DEFI support Moonstake’s innovative journey.

With a full-scale operation launched in August 2020, we expanded our business and as of now, our total staking assets exceeded over USD 1 billion.

https://www.moonstake.io/

About Everscale

Everscale is a new and unique blockchain design that proposes a scalable decentralized world computer, paired with a distributed operating system. The network is based on a platform called Ever OS, capable of processing millions of transactions per second, with Turing-complete smart contracts and decentralized user interfaces.

Everscale presents some new and unique properties, such as dynamic multithreading, soft majority consensus and distributed programming, which enable it to be scalable, fast and secure at the same time. It is governed by a decentralized community founded upon meritocratic principles via Soft Majority Voting protocol.

Everscale has powerful developer tools, such as compilers for Solidity and C++, SDK and API, client libraries ported to more than 20 languages and platforms, a range of decentralized browsers and wallets empowering many applications in DeFi, NFT, tokenization and governance domains.

Official Accouncement on Twitter :
https://twitter.com/moonstake/status/1475744485866831872

Announcement in Japanese

Moonstakeは、今月上旬にFreeTONからリブランディングを行ったEverscaleブロックチェーンのネイティブコイン「EVER」のステーキング対応を、2022年上旬に実装します。Moonstakeウォレットでは、今回のアップデートで、ウェブ版・モバイル版両方で、EVERの送受信、保有が可能となりました。EVERは、これまでEVER専用ウォレットでの対応のみであったことから、今回、Moonstakeは世界で初めてEVERのマルチ資産対応ウォレットとなりました。

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、昨年からステーキングビジネスを開始しました。2000以上の暗号通貨をサポートする、最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、Cosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、IOST、TRON、Shidenのステーキングのサポートをしてきました。2020年8月の本格運用後、Moonstakeのステーキング資産総額は18億ドルに達するまで成長し、2021年6月には、世界1万5000のステーキング・プロバイダーの中で、世界ベスト3になりました。今年3月には、DeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiに参入しており、今後、DeFi事業への拡大も進めていきます。

Everscale Networkは、サブガバナンスと呼ばれるDAOで構成されたブロックチェーンです。Everscaleは、SolidityとC++のコンパイラ、API、13のプログラミング言語とすべての一般的なプラットフォーム用のクライアントライブラリを含むSDK、DAppテスト用のローカルノード、CLIツール、DeFi、NFT、トークン化、統治領域における多くのアプリケーションに力を与える分散型ブラウザとウォレットの範囲などの強力な開発者ツールを備えています。Everscaleは、スケーラブルな分散型ワールドコンピュータと分散型オペレーティングシステムEver OSを組み合わせた、新しくユニークなブロックチェーンデザインです。

Everscaleは、今年8月にソーシャルメディアキャンペーン「FreeTON × Moonstake」を実施し、Moonstakeへのステーキングサポートに向けたコミュニティ向けの取り組みを行いました。当時のFreeTONのソーシャルメディアでは、約7,000件のエンゲージメント、1,200件以上のシェアを獲得しました。以降、Moonstakeでは、Everscaleと協力し、EVERの送受信対応などを進めるとともに、ステーキングサポート実装を決定しました。

世界中に大規模なコミュニティを有するEverscaleと協力し、2022年には様々なイベント企画を通じた、新しいユーザー体験やエキサイティングな機会の提供をしていく予定です。

Moonstakeについて

Moonstakeは、地域および世界のブロックチェーン市場における需要の増加を満たすために、ステーキングプールプロトコルを開発するために最近設立されました。Moonstakeは、ステーキングプールプロトコルを開発し、パートナーや企業を通じてビジネスサービスを提供しています。

Moonstakeは、暗号資産保有者にアクティブな環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークとなることを目指しています。Moonstakeとの明確なパートナーシップのロードマップを確立することは、アジアで急成長している分散型台帳技術(DLT)エコシステムの主要プラットフォームとの関係を強化していくための、もう一つの重要なマイルストーンとなります。これまでにも、ステーキングの導入を促進するために、Emurgo、Ontology、NEO、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポールの上場企業であるOIO Holdings Limited(SGX: OIO)とのパートナーシップが発表されています。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limなど、業界で評判の高いアドバイザーがMoonstakeの革新的な旅をサポートしています。

2020年8月に開始された本格的なオペレーションにより、事業を拡大し、現在のところ、ステークス資産総額は10億米ドルを超えています。

https://www.moonstake.io/

Everscaleについて

Everscaleは、オンデマンドで数百万件のトランザクションを処理できるスケーラブルなブロックチェーンです。

Everscaleの歴史は、Telegram Open Network (TON)に始まりました。TONは、メッセージング、バリュー、データストレージ、分散型アプリケーションを実行するためのオペレーティングシステム全体を実装したP2Pネットワークの原則に基づく分散型エコシステムとして設計されました。その後、TONのソースコードが公開され、Everscale Networkの基礎が築かれてきました。

Everscaleは、SolidityとC++のコンパイラ、API、13のプログラミング言語とすべての一般的なプラットフォーム用のクライアントライブラリを含むSDK、DAppテスト用のローカルノード、CLIツール、DeFi、NFT、トークン化、統治領域における多くのアプリケーションに力を与える分散型ブラウザとウォレットの範囲などの強力な開発者ツールを備えています。

5 Likes

Slowly but surely you are going! I wish you success and great achievements in your Japanese Sub-Governance next year.

3 Likes

Thank you very much. We are delighted to welcome Moonstake, the largest staking pool in Asia, to the Everscale ecosystem! Moonstake is a truly powerful brand especially in Japan. We will keep you updated!

3 Likes